Kaleidoscope_Ryuten Mugen Kaen

CLIENT
BeeCruise / Meida Sphere Communications LTD. / 時芸多媒体株式会社
YEAR
2019 / 08

台湾にて6月29日~9月22日まで開催される今夏注目の大型展覧会「萬・花・筒KALEIDOSCOPE-特展-」の目玉に plantica が特別招聘展示として起用され、大型の三作品の空間インスタレーションアートを手掛けました。

「萬花筒KALEIDOSCOPE-特展」 – 概要

■期 間:2019/6/29〜9/22
■時 間:10:00~18:00
■場 所:華山1914文化創意產業園區
■Instagram : #幻彩影萬花筒特展 ← *イベント入場者の投稿画像はこちらをクリック


展示作品名:流転夢幻花園(Ryuten Mugen Kaen)
1000種類以上の本物の草花を使用して創られた花柄図案をビジュアル素材に、万華鏡のトリックと映像投影の技術を用いて、世界で初めての試みとなる、静的な観賞型の花園ではなく、動的な体験型の花園を出現させます。

展示作品名:天地百花繚乱(Tenchi Hyakka Ryoran) ← *その他展示作品はこちらをクリック

日本で生息する100種類以上の本物の草花を押し花にして、花を永遠に色褪せないよう真空パックした888個の「The Timeless Flowers」を、6角形の鏡部屋の空中に舞い咲かせた、無限の森羅万象的な華次元を出現させます。

展示作品名:華花曼荼羅(Hanahana Mandara) ← *その他展示作品はこちらをクリック
「曼荼羅は、宇宙そのものである」と言われています。曼荼羅の構造は、花の咲き方、蝶々の模様、雪の結晶、受精卵の細胞分裂などさまざまな状態に見られ、まさに万華鏡の世界観とパターンは人工的ではなく、自然界の本質的な規則性だと捉えることができます。1枚1枚の花びらを最小パーツに、約200平方メートルある曼荼羅模様の空間を出現させます。

More

IMG_3216(NEXTKaleidoscope - Tenchi Hyakka Ryoran

CONTACT

CM、広告、パッケージ、店舗空間、複合施設、展示会場、国際博覧会など、さまざまな機会や空間、ビジュアルに適した装花やディスプレイを設計し、ご依頼主のコンセプトやアイディアに合わせた、装花のスタイリングプランをご提案させていただきます。まずはメールフォームまたは電話でお問い合わせください。

We do flower arrangement to designing various spaces and products including advertising, photography, shop space, window displays, exhibition hall, etc. We also propose and consult all sorts of flower arrangement design tailored to your request and ideas. Please feel free to contact us by telephone or using the form below.
  • 03-6271-9198